マイクと声を録る女性

最新記事一覧

マイクに向かう男性

歌が得な人との違い

歌の上手な人と歌が苦手な人には、3つの違いがあります。歌うことの基礎であるリズム感や声量、音程が大切であり、これをボイストレーニングすることで歌を上手く歌えれることに期待が出来ます。

プロ並みの歌唱力

歌うことが好きな人の多くは、歌を上手く歌えるようになりたいと考える人は多く存在します。しかし、中にはカラオケによく行き歌っているが上達が感じられなかったり、歌を良く歌っているが上手くならなかったりと悩みをよく聞きます。もっと上手になりたい場合は、正しい方法で歌唱力を身につける必要があります。ですから、ボイストレーニングを行う必要があるのです。また、ボイストレーニングを行なっていない場合は、いくつかの悩みがあります。その中には、歌うとすぐ疲れるといったことや、リズム感や音程が悪い、高音が出せない、迫力のない歌声、息苦しい感覚になるなどがあります。このような悩みでも、ボイストレーニングを受けることにより改善することが出来ます。

ボイストレーニングを受けると、迫力のある歌声になり、リズム感や音程のコツが掴める他、高音やメリハリのある歌声など様々な改善が期待出来ます。しっかりとしたボイストレーニングを受ければ、歌が苦手な人でもプロ並の歌声にすることが出来ます。ボイストレーニングでは、歌う際に必要な腹筋が鍛られます。この筋肉は普段使うことがないので、ボイストレーニングを行なわなければ、鍛えることは出来ません。ボーカルスクールや独学でトレーニングを行なうことが出来ます。独学は、費用があまり掛からない面がメリットですが、直接指導を受けることが出来ないため、細かい部分まで指導が受けられません。それぞれのメリットと注意点を比較しトレーニング方法を選びましょう。

関連記事リスト

ヘッドホンをした女性

音程を磨く

歌を歌う際は音程は重要なポイントで、元々音感があまりない場合や曲の合間合間で音にズレが生じる場合は、ボイストレーニングを行なうことが大切です。また、カラオケの機能を使い自分に合ったキーを探しましょう。

ピックアップ

喉の調子は重要

ポーズをする女性

ボイストレーニングを毎日行なうことは大切ですが、場合によって喉を痛めることもあります。また、タバコやお酒も喉を痛め、アイスクリームやチョコなども良くないと言われています。

詳細を見る

腹式呼吸で鍛える

声をだす女性

ボイストレーニングを行なう上でも基本的である腹式呼吸は、歌手だけではなく声を使う職業のアナウンサーや役者、声優にも重要です。また、息だけを使った方法と声を出して行なう方法があります。

詳細を見る

独学とスクールの違い

背を向けている人

ボイストレーニングは、独学でも学ぶことが出来ますが、しっかりとした指導を受けたい場合は、ボーカルスクールに通う方法が効率的に良いと言われています。細かな指導を受けることが出来ます。

詳細を見る